はじめてのオンラインイベント

YouTube Liveを開催してみよう!~パソコンでの基本的な操作方法をご紹介~

YouTubeでは事前に編集した動画をアップロードするだけではなく、ライブ配信としても利用することができます。

「YouTube Live」は、アカウントとチャンネルを持っていれば、どこからでも気軽にライブ配信が楽しめますよ

今回は、YouTubeでのライブの配信方法や基本的な使い方を解説していきます。

1、YouTube でライブ配信の準備をしよう

YouTubeでライブ配信するためにはGoogleアカウントを取得することが必須の条件になります。

取得がまだの方は、コチラから取得手続きをしましょう!

1、配信方法を選択しよう

YouTube Liveはパソコンとモバイル端末(スマートフォンまたはタブレット)のどちらからでも配信はできますが、モバイル端末から配信するにはチャンネル登録者数が 1,000 人以上であることが必要です。

今回はパソコンのウェブカメラを使用して配信する方法をお伝えします。

2、アカウントのライブ配信を有効化しよう

ライブ配信を行うには、まずアカウント認証を受ける必要があります。

1、YouTubeのページ内にある「YouTube Studio」にて、画面上にあるビデオアイコンをクリックし、「ライブ配信を開始」を選択します。

2、電話番号認証を行うよう案内が表示されますので、アカウントの確認を行います。

3、アカウント確認のページを開き、国を選択します。

4、電話番号を入力して「送信」をクリックします。

5、指定した方法で確認コードが送られてくるので、受信した確認コードを画面に入力し「送信」をクリックしてください。

6、「YouTube アカウントが確認されました。」と表示されればアカウントの確認は完了です。

ライブ配信が最初に有効になるまで24時間程度かかりますので、ご注意ください。

2、YouTube でライブ配信をしよう

1、ライブ配信の設定をしよう

1、YouTube にログインして、上部の 「作成をクリックし、「ライブ配信を開始」を選択してください。

初めての場合は、マイクやカメラへのアクセス許可を求めてくる場合があります。

2、「許可」をクリックし、左側にある「ウェブカメラを選択します。

3、すると、ライブ配信の設定画面が出てきます。

①タイトル、②公開設定、③視聴者、この3項目は必ず設定しましょう。

 ①まずはタイトルを入力します。

 ②の公開設定では、「公開・限定公開・非公開」の3つの中から選びます。

 ③もご自身の配信内容に合わせて選択します。

※子ども向けにチェックを入れるとチャットやコメント機能等一部機能が利用できない場合がございます。

4、「後でスケジュール設定」をONにすると、指定した日時に生配信ができ、下記画像のような配信予告の画面ページを作ることができます。

参加者に事前告知ができたり、リマインダー機能として活用したりすることができます。

5、「その他のオプション」>「詳細設定」 をクリックすると、チャットの許可や年齢制限の有無などを設定できます。

必要に応じて設定し、最後に「次へ」をクリックします。

6、「次へ」をクリックすると、すぐにサムネイル写真の撮影カウントダウンがはじまります。

「サムネイル」とは、YouTubeの検索画面などで表示される画像のことです。できるだけインパクトのある画像にしましょう。

撮影後に撮り直すことができますし、予め自分が持っている画像を使用することもできます。

7、サムネイルの撮影が終わると下記の画面に切り替わります。

サムネイルを変更したい場合は、サムネイル部分にカーソルを合わせると編集ボタンが出てきます。

2、ライブのURLをシェアしよう

サムネイル撮影が終わったら、「共有」をクリックし、見てもらいたい人たちにURLをシェアしましょう!

ここからURLをSNSにシェアしたり、見て欲しい人にメールでURLを送ったりできます。

3、ライブ配信スタート!

ライブ配信を開始」をクリックすればいよいよライブ配信がスタートします!

※「後でスケジュール設定」で予約した場合も、設定した日時になったら、手動で配信を開始してください。

3、YouTubeLiveの基本的な操作方法

1、ライブ配信画面のボタンの操作方法

音声ボタンを1回クリックすると音声がOFFになります。もう1回押すとONに戻ります

②ライブ配信中も共有ボタンを押せば、URLを共有できます。

2、チャット機能

ライブ配信の設定の際にチャットを有効可するとライブ配信中にチャット欄が表示されます。

書き込まれたコメントを読みながら配信すると、ライブ感をより楽しんでもらうことができますよ。

4、YouTube Liveを終了する

ライブ配信を終了」ボタンをクリックすると、終了確認ポップアップが出るので「終了」をクリック。
これでライブ配信は終了となります。

5、YouTube Liveのアーカイブを設定しよう

ライブ配信を行うと、終了後はアーカイブとして動画が自動でYouTubeに保存されます。

YouTubeでは配信動画の保存期間に期限はありませんので、いつでも自分のチャンネルから見返すことができます。

もしアーカイブを公開したくない場合は、下記の設定を行いましょう。

1、YouTube Studioを開いて「動画」をクリック

2、「ライブ配信」をクリック

3、ライブ配信した動画で下記の設定を行います。

  • 公開範囲を限定したい場合→「公開設定」 でプライバシー設定を変更します。

  • 動画を削除したい場合→「」 をクリックして動画を削除します。

YouTubeでライブを開催する際の基本的な操作方法についてのご紹介は以上です。YouTubeが初めての方もぜひこちらの記事を参考にYouTubeでライブイベント を開催してみてくださいね。

登録会員数80,000人以上!

あなたのイベントを子育てママへ届けませんか?

いつでも無料で作成できます。