はじめてのオンラインイベント

Zoomを使ったオンラインイベントで全身と手元を撮影する方法

Zoomを使ってオンラインイベントをする際に、全身も見てほしいけれど、手元も見てほしい、という場合があります。

デバイスを2台使えば、両方とも撮影しながらイベントを開催することができますよ。

ここではZoomを使ったオンラインイベントで全身と手元を撮影する方法を紹介いたします。

1、デバイスを2台準備しよう

全身を映すカメラと手元を映すカメラ、2台のデバイスを準備しましょう。

1、スマートホンを2台使って撮影する場合

Zoomのアカウントを2つ取得し、スマートホン1台につきひとつのアカウントでログインします。

※ひとつのアカウントでスマートホン2台入ることは、Zoomの規約に反するのでできません。

ホストのアカウントとしてログインするスマートホンのマイクをONにします。もうひとつは一般の参加者としてログインし、マイクをOFFにします。

※2台ともマイクをONにするとハウリングしてしまうので気を付けましょう。

ホストのアカウントでログインしているスマートホンで手元を撮影し、もう一台で全身を撮影します。

2、スマートホンとパソコンを使って撮影する場合

スマートホンとパソコンというように、デバイスが変われば同じアカウントでログインすることができ、両方ともホスト機能を使うことができます。

こちらの場合もハウリングしてしまうので、どちらか一台のマイクをOFFにしましょう。

スマートホンで手元を撮影し、パソコンで全身を撮影します。

2、外付けマイクを活用しよう

撮影する部屋が静かで密閉されている時は声が通りやすく、マイクが不要な場合もありますが、撮影機器から離れる場合や声が大きく出せない時は、外付けマイクがあると安心です。

外付けマイクはスマートホンに対応しているものやパソコンに取付けられるものがあります。

Zoomを使ったオンラインイベントで全身と手元を撮影する方法のご紹介は以上です。こちらの記事を参考に、デバイスを2台使ったオンラインイベントを開催してみてくださいね。

登録会員数80,000人以上!

あなたのイベントを子育てママへ届けませんか?

いつでも無料で作成できます。