オンラインコンテンツの作り方

オンラインイベントとリアルイベントの違いを理解してイベント内容を決めよう

オンラインイベントとリアルイベントの違いを理解してイベント内容を決めよう

オンラインイベントはリアルイベントをオンラインにするだけだと思っていませんか?

実はオンラインイベントはリアルイベントをそのままオンラインにするだけでは不十分です。

ここではオンラインイベントとリアルイベントの違いについてご紹介いたします。

1、オンラインイベントとリアルイベントの違い

オンラインイベントとリアルイベントで決定的に違うことは、参加者と直接会えるかどうかということです。

リアルイベントではイベント会場に行けば直接参加者の目を見て、会話をすることができるので、相手の表情や声色を見ながら会話の内容を変えるなど柔軟に対応が可能です。

しかし、オンラインイベントでは画面越しでの会話になり、インスタライブ のように、コメントでのコミュニケーションとなると、相手の表情や声色を見ながら会話の内容を変えるということができなくなります。

そのため、参加者と直接会ってやりとりができないということを考慮した上でイベント内容を決める必要があります。

2、オンラインイベントでのイベント内容の決め方

オンラインイベントでは参加者と直接会えないので、リアルイベントよりも意識的に参加者とコミュニケーションを取る時間をイベント内容に組み込む必要があります。

ただサービスや活動について説明するだけではなく、参加者とチャットや画面越しでの会話を通してやりとりをする時間です。

ぜひ、オンラインイベントで大切な「コミュニケーション」について知ろうの記事を参考に参加者とどうコミュニケーションをとるかを考えてみてください。

オンラインイベントとリアルイベントの違いについてのご紹介は以上です。この記事を参考に、オンラインイベントとリアルイベントの違いを押さえた上でのイベント内容を決めてみてくださいね!

登録会員数80,000人以上!

あなたのイベントを子育てママへ届けませんか?

いつでも無料で作成できます。